自作フォスバンリアクター ~製作編~

先日からリン酸吸着剤に「ROWA phos」を使用していますが、ネットに入れての使用だとすぐに目詰まりしてしまいました・・・。

パールさん曰く、やはりリアクターを使った方が良いとの事で、今回不要になった自作カルシウムリアクターの2ndステージを改造してフォスバンリアクターを作る事にしました。

参考にしたのは「SNM PAS」です。
 






まずは完成形です。

画像


ちょっと高さに差がありますが、これは色々と問題があって・・・(笑)
まぁ自作なんてこんなもんでしょう。






画像








画像

後ろ



















さぁ製作です。

手順を全ては書けないので、作ろうと思っている方は、基本的に僕の自作カルシウムリアクターの製作編を読んだ上に行って下さい。

というかフォスバンリアクターまでの改造はたいしたこと無いので(笑)







違う点はまずここ。

画像


シリンダー上部の蓋の部分ですね。

実はこの蓋、肉厚が3.4mmしかないんですよね。
ですのでこの部分だけで接着するのはちょっと強度的に不安なんですよね。


そこで、

画像


画像


裏に3mmの塩ビ板を円形に切ったものを塩ビ管接着剤で接着しておきます。
それから18mmの穴をドリルで開ければ完了です。

これなら強度的にも安心です♪










画像


次にシリンダー下部のポンプとの接合部分。
ここはカルシウムリアクターの時と同様に18mmの穴を開けてVP13管を繋ぐんですが・・・


画像


VP13管にエーハイムのパイプ(φ12mmのホース用)をねじ込みます。
かなり硬いですが、塩ビ管接着剤を使えば溶けてぎりぎり入ります。

こうすればポンプに仕様するマキシジェットに直結出来ます。
















画像


シリンダーの内部に入れるスノコは、カルシウムリアクターのものを流用。



画像


中に入れるとこんな感じです。












画像


吸水部分のストレーナーはVP13管にVP13キャップを取り付け、そこにドリルで穴を開けます。
これなら魚が吸い込まれずに済みます。














画像


排水部分はVP13エルボとVP13管を使って製作。
まぁこの部分は水槽に合わせて調節が必要ですね。










画像


そして最後にコレ。
なんじゃこりゃ!?(笑)

画像


これはスノコの上に置くスポンジマットですね。
今回はコレを内径に合わせて円形にハサミでカットしました。

このスポンジマット、通水性良いですしピッタリですよ。




まぁこんなところですかね?

作ろうと思った方はあとは完成形の写真を見てフィーリングで作って下さい!(笑)

ちなみにパイプの接合にはシールテープを巻いてねじ込むだけでも十分です。
なるべく水質に影響のある接着剤は使わないようにしましょう。

接着剤を使った部分は水に浸けてアク抜きをしてから使用しましょう。














~今回の予算~
(2ndステージ&ポンプ&塩ビ板は手持ちのものを使用したので含めません。)

VP13管 ×1~2本・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・270円
VP13エルボ ×5個・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・125円
VP13管用ボールバルブ ×1個・・・・・・・・・・・・・・1040円
スポンジマット ×1枚・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・330円
ホースバンド ×5個・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・250円


計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2015円


まぁこんなもんですね♪

もし1から作ってもたぶん1万円いかないでしょう。
3mmアクリル管が高いんですよね~意外に・・・。
あとは塩ビ管パーツなんで激安です。

















実はもう稼働しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・良いですよコレ ゞ( ̄ー ̄ )♪






次回は~設置編~です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2009年02月13日 22:16
製作にかかると早かったですねー(^^)流石です!
スポンジマット気付いていただいててよかったです。ローワフォスは粒が細かいので上も下も漏れが心配ですから。
スポンジでガードしますが排水からは少しづつ粉末はもれるので排水をウールマットで受けれるようにホースでつなぐとかするとサンプにたまったり流れこむこともないでしょう。
あと問題なければよい事ですがバルブはポンプの排水側(リアクターとの間)につけたほうが水量調節とポンプ負担は少ないのでないかなぁ
稼働状況また教えて下さい。
hoki
2009年02月13日 23:03
>パールさん
はい!出来ました!
頭の中のイメージはすぐに出来上がったので簡単に出来ました♪

そうなんですよね~。
微粒子がどうしても排水されてしまうんですよね・・・
結局ポンプはMJ-250を使っていますが、かなり絞っています。
サンプに設置する場所がなかったのでメインタンクに直接です。
ですから水槽内に出さないように排水はかなり少ないですよ。
パールさんのところのは排水はどれくらいなんでしょうか?
ウチのだと指で触って若干水流を感じる程度です(笑)

バルブはポンプから先に付けるとパイプ管内が加圧になるので水漏れの心配があるんですよ・・・。
ポンプ前に付けると閉めても負圧になるだけなんで、どちらかというと水漏れの心配は少ないですよ♪
特にMJは水陸両用な割に水漏れが多いですからね~
2009年02月14日 00:44
MJ500でバルブは安定したらフルです。ホースとリアクターの負担があるので・・測ってみましょうか・・
20秒で1Lでした。
下部4㎝位で黒い塊になってウネウネ動いてます。この塊から舞いあがった分が外に出てしまうんですね。でもタンクに直排水だと開けないですね・・
循環量は多いほうがいいでしょうから悩みますね。
hoki
2009年02月14日 12:05
>パールさん
なるほど・・・。
先ほど水替えついでにリアクターの上部のスポンジマットの上にさらにウールマットを入れてみました。
水流を上げてみましたが、水槽内への入り込みは無くなりましたよ♪
でもそれでもMJ-250を半分くらい絞っていますけどね(笑)

フォスガードならMJ-1000でも全開で動かせるんですけどね~。

この記事へのトラックバック