BLUE MARINE

アクセスカウンタ

zoom RSS 自作サイフォン式オーバーフロー 〜改良編〜

<<   作成日時 : 2010/11/03 21:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 9

この方式を採用してからもう4年近くなるんだな〜。
と、自作のサイフォン式のオーバーフローで水槽を回しております。

記事の閲覧数も10000近いですからね。

そろそろ改良点を記事にしようと思っていたので、書いてみます。








大きく変わったのは、いかに早くエアーを抜き、サイフォンの原理で水を下に落とすか?というところから改良したエア抜きシステムですね。

Rioシリーズに付属しているエアー抜きのパーツ、あれは正直使えません。
というか排出側に付ける点からしてもう遅いです。

いかに早く吸気するには、ポンプの吸気側に付けるのが一番なんです。

そこで、ささっと作ってみました。





材料はコチラ。

画像


塩ビ管はVP13ですね。それにエアチューブの接続パーツ、エアチューブ数cm、φ15mmの耐圧ホース(耐圧じゃなくても問題なし)、そしてシールテープです。

シールテープはホームセンターの水周りのコーナーに売っているでしょう。50円くらいです。





画像


まずVP13管にドリルでφ6.0mmの穴を空けます。




画像


そしてエアチューブ・ジョイントパーツにエアチューブを2cmくらいに切ったものをはめます。




画像


そして先ほどVP13管に空けた穴に挿入します。
そしてハンマーなどで打ち込みましょう。



















・・・・・・・・・・・・・・・・あっ、間違えた^^;




画像


プラパーツは片側をちょっと短く切断しておきましょう。
ちょっと長いんですよね・・・
もう片方はエアチューブで吸気するので、そのままの長さで良いでしょう。







画像


同じように短いほうにエアチューブを付けて打ち込みます。







画像


こんな感じになります。
まぁ取らないなら接着しても構いません。

ただ僕の場合は、接着時間がかかるのが嫌なので、打ち込んでいます。
まぁちょっと力がかかったくらいじゃ取れませんから^^;






画像


で、塩ビ管を適当な長さに切って完成。




画像


これをウチの場合はMJ-500に付けて使っています。
ホースは熱湯で温めればカンタンに取り付けられるでしょう。
























・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・て、これじゃ普通のベンチュリーですからね。
ここで一手間かけます。







画像


シールテープと薄く切ったホースを使って穴を半分くらい塞ぎます。


画像


これは塩ビ管の中の圧力を下げることが出来、水よりも空気側の穴から吸う力を増す効果があります。


正直、これをやるのとやらいないとでは、まるで吸気量が違います


シュワーー・・・・・・・がブワーーーー!!ってくらい^^。


















画像


これで完成。

ウチの場合は、このエア抜きポンプで、5秒以内でサイフォンが始まります。














これを揚水ポンプに取り付けたらどうなるか・・・・・・?

正直やらない事をオススメしますね。

揚水ポンプは流量の調節バルブが排水側にあるのがほとんどなので、給水側にこのパーツを取り付けると、吸気量も落ちてしまいます。

やはりウチの方式のサイフォン式オーバーフローにするのなら、揚水ポンプとエア抜きポンプは独立させるべきかもしれません。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ 財布
自作サイフォン式オーバーフロー 〜改良編〜 BLUE MARINE/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ 財布
2013/07/07 12:25
プラダ メンズ
自作サイフォン式オーバーフロー 〜改良編〜 BLUE MARINE/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/09 20:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
なんでもできちゃうんですねぇ。私も昔サイフォン式使ってましたが、その時は吸入できるエアポンプを使うものでした。が、ポンプがうるさいのと停電時にほんとにサイフォンするのかどうか不安で、結局オーバーフローにしちゃいました。
青空
2010/11/04 23:46
なるけど。やっぱり一台では難しいですかね。。 色々試しながら一度作ってみたいと思います!ありがとうございます!
タイタン
2010/11/06 15:08
細かい技使ってますねぇ〜
実は私も自作OF水槽第2弾をUPしようかと
考えていたところです。
だいぼー
2010/11/06 18:02
サイフォンならhokiって言われる日も近いですね。

さすがです!
TAKATO
2010/11/16 21:59
>青空さん
ただ純正OF水槽を買うだけのお金が無いだけですよ(笑)

エアポンプは五月蠅そうですねぇ。
停電時は僕の方法でも怖いですよ。
hoki
2010/12/07 01:56
>タイタンさん
是非成功することを祈っております。
くれぐれも油断禁物で。
hoki
2010/12/07 01:57
>だいぼーさん
自作OF見ましたよ。
やっぱり穴開けると綺麗にできますねぇ〜。

ビジュアル面だと穴開けの方がいいですね。
技術と度胸がいりますが^^;
hoki
2010/12/07 01:58
>TAKATOさん
言われないですよ(笑)

まぁアクアテラのTAKATOさんならありますけど。
hoki
2010/12/07 01:59

はじめまして!!
自分もhokiさんのブログを見て自作でサイフォン作ってます!!



1つお伺いしたいのですがサイフォン式オーバーフローの作り方の画像頂いてもよろしいでしょうか?
拓哉@
2011/03/30 12:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
自作サイフォン式オーバーフロー 〜改良編〜 BLUE MARINE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる